« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

高知への旅4

今日は休息日・・・

朝もゆっくり それからお散歩・・・

そして風通しのいい伯母の家で 響とゴロゴロ・・・

ひたすらゴロゴロ・・・

Dscn0537

たたみの香り・・・

蚊取り線香に扇風機・・・

「わたし!このまま薬なしでお昼ねできるかも!」と思ったけれど

それは甘かった・・・

ゴロゴロしながら いろ~んなことを考えた・・・

いっぱいある悩み事・・・

どうしたらいいか・・・

ゆっくり考える時間があるっていいなぁ~

「はぁ~このまま高知にいたいな・・・」答えはこればっかり 笑

さぁ 明日はわたしの楽しい思い出いっぱいのある オーパの生家

池川(今は統合されて仁淀川町)にお墓参り・・・

つづく・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

高知への旅3

13日・・・叔父の50日祭・・・

今日叔父は伯母が先に眠っているお墓の中に・・・

仲の良かった叔父と伯母 きっと伯母も「お父さん待ちょったよ」と

いっているはずだ・・・

そんなことを考えながら 響を連れていざ大野見へ!

大野見は峠をいくつも登って登って登って・・・

するとこんな山の上にこんな開けた盆地があるなんて・・・ってところ

Dscn0506

何度来てもいいところ・・・大好きな大野見・・・

着いてそうそうの響さんは 母屋のおばさんのお庭で休憩中

Dscn0509

朝も早かったから ちょっとお疲れ気味・・・

朝が早かった理由に 祭壇のお花とお墓花はわたしに

作らせてほしいと 従姉妹に頼んであったので・・・

花を生けている間 親戚のみんなが 響にさわってくれるたびに

「なんと~!まっことこんなワンともいわん犬がおるんじゃの~」と・・・

わたしは心の中で「ネコをかぶりつづけるんだぞ~!」と念じる!

そして神官さんが到着 いよいよお祭りの始まり・・・

神官さんが祝詞をあげだすと 響はオネムに・・・

お陰でわたしは神官さんの祝詞を聞きながら 叔父との楽しかった日々

叔父の笑顔 叔父との約束を思い出し涙が・・・

響がいたので一番後ろに座っていたので 誰にも気付かれずにすんだ・・・

「おんちゃん やっと来たよ!遅くなってごめんね・・・」

そして叔父のお骨を持ってお墓へ・・・

おんちゃんのお骨はおばちゃんの横に・・・

「おんちゃん これからおばちゃんとここで仲良く従姉妹を守ってあげてね」

と・・・

響もお祭りが終わるまでお座りで待てをしていた・・・

お墓から降りてから みんなで皿鉢料理をかこんで叔父の話で盛り上がった

わたしは響のお昼ご飯を用意してから上にあがったのでもうみんな

手がついていて・・・画像がぁ~!!!

見事な皿鉢料理で もうかつおのたたきのおいしいこと!!!!

う~んわたしの人生の中で 一番といっていいくらいのおいしさでした!

食べるのに必死だったので一枚も画像がないっちゃ~!

おいしかったはずだ・・・後で聞いたら今日水揚げされた九礼のかつお!

こんなの食べたら もう和歌山で一番おいしいかつおのたたきも

いまいちになってしまうっちゃ~!

響さんは・・・というと

Dscn0511

ちゃんとネコをかぶっている・・・

みんな食べているので ガリガリ戸をひっかいたり「クゥ~」と

鳴きだすかと思ったけれど・・・超いい子!

Dscn0515

「今日はいい子にしろ!っていったぢゃん・・・ だからだよ!」by響

そしていい子ちゃんだった響のお散歩タイム・・・

おんちゃんのお墓の上には 公園がある・・・

まずはおんちゃんとおばちゃんところに もう一度お墓参り・・・

たくさん話をした・・・大好きだった叔父と伯母(また涙・・・)

そして「明後日 おんちゃんと約束しちょった四国カルストに行くきね

 おんちゃんおばちゃん 一緒に行こうね」と・・・

そして公園にむかって歩き出す・・・

Dscn0519

公園までは一本道だし 響はわたしの横をぴったり歩くので

手からリードを放してやった・・・

上まではかなりの距離・・・

Dscn0521

「はぁ~はぁ~ 疲れたぞ・・・」by響

思いっきりばぁ~さん顔の響さん・・・爆

ブランコに乗ってるわたしの側を離れない・・・

Dscn0524

「何がそんなにたのしいんぢゃい!」by響

ここから見る風景はまたいいのだ!

Dscn0520

公園の木には 鳥さんのお家が・・・

Dscn0525

そしてブランコの後ろには もう一本の道が・・・

Dscn0523

はぁ~本当にいいところ・・・

公園から帰って おててを洗って響もわたしのお膝の上でオネム

Dscn0533

母屋のおばさんに「ここに住みたいです!」とお願い・・・

従姉妹が「おばちゃん この子まっこと田舎が好きでなぁ~」と

「まぁ~こんなところが・・・ハハッハ いっつでもきんしゃい」と・・・

こうして叔父の50日祭も無事終わり わたしの心にひっかかって

いたものも少し和らいだ・・・

「また必ず来るね!おんちゃん おばちゃん!」・・・

みなさん・・・高知に行ったら 必ず九礼の港であがったかつおを

おたべください・・・アゴがはずれるくらいおいしいちゃ!

つづく・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

高知への旅2

さてさて・・・徳島港に着いてから 響さんはお昼ごはんタイム・・・

よく寝たせいかよく食べる・・・(あんなに船酔い心配してソンしたな~)

そして少し散歩してから いざ高知にむかって車を走らせる・・・

わたしのお昼は吉野川サービスエリアと決めて 頑張ってはしった~!

しかぁ~し・・・吉野川サービスエリア・・・すべてがデイリーストアーに変身!

響を連れて入れるのはまず無理・・・

しかも!自販機ひとつない・・・

お腹はペコペコ・・・響はノリノリ・・・

Dscn0497

「いいところや~ん!さぁ~お散歩しよ~♪」by響

結局 響のお散歩20分・・・

わたしは響用に買っておいた ぬる~いボルビックを・・・

ちゃんとチェックしとけばよかったな・・・

そして出発!響はもちろん車でバクスイ・・・

どこでごはんを食べれるのか!!!と考えながら走る・・・

でも走り出したら BGMでのりのりになってきて結局立川まで

走っちゃった・・・爆

そこでわたしはやっとごはんにありつける・・・

Dscn0500

どうだ~!エビ天♪

響 ガン見・・・ わたし無視・・・

エビ天売り場のお姉さんと仲良くなり お話をしてお腹もいっぱい

響は・・・

Dscn0501

「めっちゃ退屈やしぃ~!!!」って感じ・・・笑

Dscn0502

大晴れ女のわたしにはぴったりの空!

空気はいいし 天気はいいし!

さぁ~後少し!お姉さんにさよならを言って 伯母の家まで

ノンストップで走る~!

伯母達はあまりにわたしの到着が遅いので 心配していたらしい・・・

まぁ~響を連れていたら3時間以内での高知到着は無理だ~

そして伯母の家に行き おててをきれいにして 家から持ってきた

ベッドを 一番涼しい場所に置いてやる・・・

どうするかなぁ~?と思って見ていると 家の中を取りあえず物色

テーブルの上も物色・・・

そして階段の下に行ったので「魔法」をかけた・・・

響は階段を抱っこして登り そして抱っこしたまま降りると

ど~してか「この階段は危険」と思うらしい・・・

魔法は効いたようで 階段に足をかけてみるが すぐに止め

やっと自分のベッドへ・・・

Dscn0504

このまま響は晩ご飯まで大バクスイ・・・

落ち着かず うろちょろしたらどうしようかと思ったけれど

わたしが落ち着く場所は やっぱり響にも通じるのかな?

次の日は大野見までの長旅・・・

伯母との会話も盛り上がったけれど 今日は早寝・・・

次につづく・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

高知への旅1

久しぶりにブログ更新・・・

やっぱり三日坊主は三日坊主だ・・・

さてさてこの数ヶ月本当に大変な日々だった・・・

そこで高知の叔父の50日祭に出席するのをいい機会に

オーナーに「いろいろ考えたいこともあるので10日休ませてください」

とお願い・・・

オーナーは10日というのにかなり引いた様子だったけど

わたしは「これで首チョンになってもいいや!」と思っていたので

「・・・・・・いいけどぉぉぉぉ」となってるオーナーそっちのけで

「では、すみませんがやっておかなければいけないことはすべて

やってから休ませていただきますので」と・・・

そして!6月12日 響と久しぶりに二人旅

フェリーがかなり心配だったけれど まずはクレートに響を入れ

すぐにフェリーの中の販売店でグリーン券を買い 場所を確保!

そして響のおしっこ&う○ちが心配だったので甲板へ・・・

Dscn0493_3

びびりまくりの響さん・・・尻尾が・・・

Dscn0494

「これ水の上動いてるぢゃん・・・大丈夫か?音もうるさい!」by響

Dscn0495

だんだん慣れてきたのか 何を考えてるのか?

しばらくこのまま海を見て固まっていった響さん・・・笑

わたしも久しぶりの紀伊水道の風をうけ いい感じ~!

そしておしっこ&う○ちも大丈夫そうなので船内へ・・・

グリーン席は 一般席より音も静かで リクライニングの椅子と

ラウンジのようなソファーがある

先にラウンジ席を取ってあったので ブランケットを出して

お休みタイム・・・

Dscn0496

初めてのフェリーにかなりお疲れなのか 徳島港に着くまで

響はこのままピクリとも動かず おりこうにねんね・・・

一番心配していたフェリーがOKだったので まずは一安心の

旅の始まりでしたぁ~!

続く・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »